三田祭論文

「三田祭論文」とは毎年3年生が執筆する論文のことで、山ゼミでは興味のあるテーマ別に結成した班で1つの論文を書き上げます。様々なゼミ活動の中で得た学びを「論文」の形でアウトプットするということを最終ゴールとして据えており、入ゼミ以来の学びの集大成ともいえる活動です。商学部に属するゼミの多くが三田祭論文の執筆を行っていますが、山ゼミの特徴としては、設定するテーマの幅広さが挙げられます。過去の三田祭論文においては、経済格差や自然災害による影響を計量分析したものから、恋愛やジャニーズ、eスポーツに着目した実証研究まで、テーマがミクロ・マクロを問わず多岐に渡っています。

また、書き上げた論文は、他の研究会と合同で行われるインゼミや三田祭で発表・展示をすると同時に、以下のような賞に応募します。

慶應義塾大学商学会が刊行する「学生論文集」(リンク先:他HP)に投稿する他、「光石賞」(リンク先:他HP)に応募し、多くの先輩方が掲載・入賞されています。

 

2018年度
三田祭のゼミブース来てくれた方達ありがとうございました!!
たくさんの方達に僕たちの活動を知ってもらうことができました!!

 

三田祭のブースでも展示していた今年の三田祭論文についてHPでも紹介させていただきます!

今年3年生が執筆した三田祭論文のテーマは6つありました!

これらの論文は三田商学研究学生論文集や光石賞といった学生論文コンテストに応募しました!

以下は山ゼミの先輩方の論文紹介になります。

<2017年度>

山本ゼミ11期生の先輩方が執筆した論文は以下になります。

 

  • 海外向けの文化財の特徴と影響に関する実証分析-ハリウッド映画に着目して-
  • スーパーサイエンスハイスクール事業の影響に関する計量分析
  • デザイン賞の受賞が企業パフォーマンスに与える影響についての実証分析-グッドデザイン賞の受賞データを用いた実証分析-
  • メガイベントの開催が好感度に与える影響-コ・ブランド理論に基づく実証分析-
  • 公立図書館における指定管理者制度導入の効果
  • 禁煙・分煙の実施が居酒屋の人気度に与える影響-口コミデータを用いた分析-

2016年度

山本ゼミ10期生の先輩方が執筆した論文は以下になります。

  • 無形資産が企業パフォーマンスに及ぼす影響
  • 放置自転車に関する計量分析
  • 早期英語教育が学力や難関大学進学に与える影響の実証分析 構造改革特区における効果の検証
  • 音楽業界における人材育成のあり方とその効果―― 一般的技能に対する人的投資に着目して ―― 
  • 日本の都道府県における境界効果の存在とその要因
  • 年齢層別投票行動の計量分析―中位投票者定理と財政支出の関係に着目して―
  • 重要文化財の経済効果と文化政策の評価―― 重要文化財の種類に着目して ―― 
  • また、4本の論文が三田商学研究学生論文集に掲載されました。

    活動詳細は山ゼミレポート~三田論~で!

    86416

    2015年度

    1458621323737

    山本ゼミ9期生の先輩方が執筆した論文の一部になります。


    contest2015_banner

    受賞結果はコチラ

    また、1本の論文が第7回学生論文コンテスト「光石賞」に受賞、4本の論文が三田商学研究学生論文集に掲載されました。

    2014年度

    11081119_729598820490551_704353694260925474_n

    山本ゼミ8期生の先輩方が執筆した4本の論文が三田商学研究学生論文集に掲載されました。

    • 女子大学の教育効果と存続要因の分析
    • ネーミングライツの経済分析
    • アカデミー賞のシグナリング効果
    • 指定自動車教習所の実証分析