山ゼミレポート~黒田インゼミ~

皆さんこんにちは! 

今回は、ゼミ員によるブログリレーをお休みして、「山ゼミレポート~インゼミPart2~」をお送りします。

170125_0003

1月18日、三田キャンパスにて「早稲田大学黒田ゼミとのインゼミ」が開催されました! 

 

【① インゼミとは?】 

インターゼミナールの略です! 

色々なゼミが集い、それぞれの研究内容を発表し合ったり、親交を深めたりする場です。 

今年度の山ゼミは4つのインゼミに参加しました。 

 

【② 黒田ゼミとは?】 

早稲田大学教育学部社会科学科に属する経済系のゼミです。当ゼミの山本先生と黒田先生は、ともに慶應卒。そして日銀時代の同僚ということもあってとっても仲良しです! 

昨年度は行いませんでしたが、黒田ゼミとのインゼミはほぼ恒例行事です(^^) 

 

【③ 当日の流れ】 

当日は、主に以下の3パートを行いました。 

★ゼミ紹介 

★論文発表 

★グループディスカッション 

 

★ゼミ紹介★ 

山ゼミからは、ゼミ代表の松岡くんが山ゼミを紹介してくれました!ゼミ運営や学習方法等、様々な知見を得ることができました。山ゼミの【メンター・メンティー制度】や【アイスブレイク】、【振り返り】等が特に大好評でした! 

_170125_0011

★論文発表★ 

このパートでは、2教室に分かれて、黒田ゼミ3班・山本ゼミ5班の計8班の論文を発表し合いました! 

山ゼミからは、投票率班・早期英語教育班・境界班・自転車班・絆班が登場! 

発表の機会は、山ゼミが重視している【IOVサイクル】の一貫(=アウトプット)です。どの班もユニークかつ伝わりやすいプレゼンを意識しました。筆者の個人的な意見ですが、間違いなく10期のプレゼン能力は春よりも向上したと痛感しました! 

170125_0007

黒田ゼミからは、血液型班・専門学校班・フィギュア班が発表を行いました!いずれの論文も着眼点が素晴らしく、身近なテーマでありながらかっちりと分析を行っていた点がとても印象的でした! 

 

★グループディスカッション★ 

このパートでは、長時間労働に関するテーマでグループディスカッションを行いました。各自で「長時間労働」に関する新聞記事を持ち寄り、【現状共有⇒意見交換】の流れでディスカッションしました!1つのテーマではあれ、考え方は人それぞれ全く異なり、とても刺激的な時間を過ごすことができました。 

170125_0015

個人的に興味深かったのは、「長時間労働は場合分けしてその是非を考えるべき」という意見です。全ての長時間労働を悪と考えるのではなく、自己の成長等を目指した人的投資や、自発的な長時間労働はむしろ善であるのではないかという意見は、非常に印象的でした。 

 

 

今回のインゼミは、【ゼミ運営】【知識】【考え方】の面で自分のゼミを見つめ直し、今後のゼミの発展に寄与できるとても良い機会になったと思います!これもゼミとしてのIOVサイクルの一貫といえますね!(^^) 

 

素晴らしいお時間を共有してくださった、黒田先生そして黒田ゼミの皆さんに心から感謝申し上げます! 

 

 

さて、次回は【入ゼミブログリレー】復活!! 

次は、メディコムと山ゼミを掛け持ちする超人的存在。 

カタカナ表記を愛する、笑顔の素敵なコバヤシモエ(小林萌恵)さんの登場です!!! 

熱いお話を期待しましょう!!