ブログリレー23 鬼木ひなこ

2年生のみなさん、こんにちは!

前回のブログで、蟹江くんに、痩せたいのにダイエットしてないと指摘された、鬼木です!笑

蟹江くん、夏までに頑張ろうね!笑

 

ということで、今話題の新型コロナで様々なイベントが中止となっている中、ゼミ試も1ヶ月後に先送りになってしまいました。

戸惑っている2年生も多いと思いますが、準備時間が増えたと思って、ぜひ体調に気をつけて頑張ってください!

 

はい!今回のブログでは、以下3点についてお伝えしていきます

皆さんのゼミ試準備に、少しでもお役に立てたら嬉しいです!

  1. 自己紹介
  2. ゼミ試験について
  3. 2年生へのメッセージ

 

  1. 自己紹介
    【名前】鬼木ひなこ
    名字の読み方は「おにき」です!親が福岡出身ということでこの名字なのですが、私自身は博多女子になれなかった、生粋の神奈川県民です! (1文字違いのエビ○民によくマウントとられます)

【役職】代表

13期の代表をやらせてもらっています、年間の活動スケジュールを立てたり、当日の進行等…ゼミ員が学びたいスキルを身につけられるような環境作りを常に心がけています!

 “山ゼミに入ったらぜひ代表に挑戦してみたいなあ〜”って思ってる方、ドシドシ相談にのります!笑

 

【両立していること】GPPと夜勤

・学業面:加藤くん(ブログリレー2番目の人)と同じくGPPを履修していました!純ジャパなので、かなり苦労しましたが、なんとかゼミと両立できたと思っています!笑

・アルバイト面:テレビ局のアルバイト (夜勤) に携わってます

私以外にも山ゼミには、長期インターンシップに参加している人や夜勤やっている人など、ゼミの外でも頑張っている人がたくさんいます😊

 

【山ゼミを選んだ理由】

自分の基礎力(思考力や発信力)を身につけられる唯一のゼミが山ゼミだと思ったから。

 

 

  1. ゼミ試験について

自己紹介はほどほどにして、早速ゼミ試の話に入りたいと思います!

これまでのブログで何度も登場してきた「自分らしさ」という言葉。

 

一ゼミ試経験者として、この要素は一番重要だ!と胸を張って言えます。

というのも、実は昨年、私自身、面接途中でもう合格を諦めかけていて、

「頑張って自分を取り繕っても無駄だな、ありのままの姿でいつも通りのーんびりいこう」という気持ちで、途中から臨んでました。この気持ちのおかげで、「いつもの鬼木」を面接官の先輩方に見てもらえたのだと思います。

 

でも、自分らしさって実際にどう体現すればいいのか、わからない!という方は多いはず!(と信じたい!笑)

ので、今回は具体的に、自分らしさを体現する「ESの書き方・面接の挑み方」について私の考えを話していきたいと思います。(拍手―――!笑)

 

 

◆自分らしさ×ES (特に発揮して欲しい自分らしさ:山ゼミへの思い)

まず、「自分らしさ」は大きく2つに分けられると思います。

  • 「山ゼミへの思い」の強さ・深さ
  • 自分の人柄 (強み・弱み等)

 

ESでは、特に前者を発揮する場だと思います。(あくまでも主観)

じゃあ、実際に「山ゼミへの思い・目的」をどのように深掘りすればいいのか?

私は以下の赤字を考えながら、ゼミ選び・ESを書いていました。

 

・残りの大学生活2年間で、自分のどの部分を成長させたいのか

→そのために「どんな経験、環境、仲間、意識等が必要なのか」

→なぜなのか

 

以上を考えると、自然と他の人と差別化できる、自分らしいエピソードが書けるのではないかと思います。赤字全てをESに書く必要はありませんが、「山ゼミをどう活用して、どう成長したいのか」をES・面接を通してぜひ教えてください!

 

そして、参考までに、

「現3年生(13期)のブログリレー前半部分」と「現4年生(12期)のブログリレー全般」で、それぞれのゼミ選びの軸・入ゼミした後の変化等が書いてあるので、自分の考えを深掘りする時に参考にしてみてもいいと思います!

※現3年生(13期)のブログリレー後半部分:ゼミ試のアドバイスを書いております!こちらもぜひ!

山ゼミブログリレーHOME:http://isamuyamamoto.com/wordpress/blog

 

 

◆自分らしさ×面接 (発揮して欲しい自分らしさ:山ゼミへの思い+自分の人柄)

さて続いて面接ですね、

面接は「山ゼミへの思い」に加えて、「自分の人柄 (強み弱み等)」を発揮する場です。

 

去年の自分の面接を「自分らしさ」という観点で評価すると、70点だったかなあと思います。

 

というのも、

自分が話そうと思っていた内容や構成が、私より前に話していた人と違いすぎたので、焦って、直前に内容を変えました。これが結果的に良かったか悪かったか分かりませんが、

か・な・りテンパりました笑

(私の場合テンパると、本来言いたいことがうまく伝えられなくなるので)

 

グループ面接なので、話す順番によっては、「自分の発言内容や構成」が良くも悪くも他の人から影響を受けてしまうこと、は頭に入れておいた方がいいと思います!(経験者は語る)

 

その一方で、自分らしさを発揮できた点は、

「日常生活から他の人と接する時に心がけていること」を面接の場で発揮できたと思います。たとえ評価項目ではないとしても、傾聴の姿勢を保つよう心がけてました!

 

このように、自分が発言している時間もそうでない時間も、

ありのままの姿を出して欲しいな〜って思います!

 

ゼミ試については以上になります。少しでも皆さんのゼミ試準備に貢献できたら幸いです。

以下、自分なりにメッセージを書いたので、最後までお付き合いください!!

 

  1. 2年生の皆さんへ

私たちにとって、ゼミは「自分の弱みを克服し、強みを伸ばす場」です。なので、ゼミ試験の段階で、苦手分野があるのは当たり前です。例え、面接で自分よりも話しが上手な子、頭の良い子がいても、諦めないで自分らしさ(強みや弱み、山ゼミへの思い)をガンガンアピールしてください!

 

確かに、入ゼミ試験では自分を取り繕うこともできてしまうと思います。しかし、ここで偽りの自分を出して例え合格してしまっても、これからの2年間が辛いだけや!!!(心の声)

なので、ありのままの皆さんを出してください!!

 

最後に、13期(現3年)の楽しそうな写真を下に貼っておきます。

私にとって、今までの山ゼミ生活は、刺激だらけで、時には他のゼミ員の優秀さと比較して落ち込むこともありましたが、学びが多く、成長できた1年でした。来年度も3・4年生同士が刺激しあえる1年になるといいなあと思ってます。

以上で、今年のブログリレーは一通り終了になりますが、分からないこと・不安なことがあれば、ぜひぜひ山ゼミtwitter /メールにいつでもご連絡ください!

13期一同、みなさんの三田生活が実りあるものとなりますように、心から応援しています!

最後まで長くて拙い文章を読んで頂いて、本当にありがとうございました。

 

山本勲研究会 13期代表 鬼木ひなこ