ゼミ員ブログ 17 土井杏奈

 

皆さんテストお疲れ様です!ついに春休みですね✌

山本勲研究会12期の土井杏奈です

 

伊藤君から本質を見抜いていると言われ、山ゼミ5つの力(皆さん覚えてますか?笑)が身についたのかしらなんて思っています笑

 

それでは本日は以下の流れでお伝えしていきます

① 自己紹介

② 山ゼミに入って変わったこと

③ 私にとってのゼミ

④ 2年生へ

 

 

① 自己紹介

<名前> 土井杏奈(どいあんな)

 

<出身高校> 私立大妻高校

毎日「ごきげんよう」と挨拶していました笑 今でもたまに口に出てしまいます(大嘘)。

 

<係> 渉外係

他のゼミと合同で行うインゼミの企画・進行を行う係です。

今年は4つのインゼミを行いましたが、色んな人と関われて楽しいですよ♪

 

<バイト> 塾講師&RF1

ダブルワーカーです!三田論期間も週四でバイトしていました。

 

 

② 山ゼミに入って変わったこと

多様性を認められるようになったことです!

今までの私は他人に対して「なんで分からないんだろう」「なんでこんなこともできないんだろう」とイラつくことが多かったです。

しかし、山ゼミではグループ報告や三田論執筆など多くのことをグループで行います。また、係では別のゼミ・大学の方と一緒に仕事をしてきました。

そうして過ごしていくうちに、「自分にとっての当たり前は必ずしも他人にとって当たり前ではない」ということに気付くことができました。

至極普通のことですが、山ゼミに入って多くの人と密に関われたからこそ実感できたことだと思います。

 

 

③ 私にとってのゼミ

みんなが同じ方向を向いて熱く頑張れるところ!

大学は「頑張る=かっこ悪い」となりがちだと思います。例えば、テストですごく勉強している人に対して「よくそこまでやるな…」と冷めた目で見がちです。

でも、山ゼミは違います。

先輩・同期みんなが論文や発表に真剣に向き合っています。そして一人一人の頑張った成果に対して、先生も含むゼミ全体が本気でフィードバックし、評価しあう雰囲気があります。

そんな場所に大学で出会えたことは、とても貴重だったなと感じています。

 

 

④ 2年生へ

山ゼミではありませんが、多くの3年生が今のゼミに入ったことを悔やんでいるように思います。「もうちょっと真面目なところを選べばよかった」「エグすぎて辛い」「思っていたことができない」など悩みは色々です。

2年間も過ごす場所ですから、きちんと情報収集して、悔いのない選択をして下さい!

説明会は終わってしまいましたが、登録日等でも相談に乗れますので、遠慮なく聞いて下さいね~

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^▽^)

次回は普段の落ち着いた笑顔と、追い詰められた時に見せる怒涛の巻き上げとのギャップがすごい、松本君です!

乞うご期待!!